【iHerb】スポーツ&レジャーにおすすめ日焼け止め4選【アイハーブ】

iHerbアイハーブのスポーツ・レジャー向け日焼け止めおすすめ徹底比較

こんにちは、子供の頃から汗っかきでとにかく肌がベタつくものが苦手なぼむ(@iherb_bom88)です。

iHerb(アイハーブ)には成分がよく使い心地のやさしい日焼け止めがたくさんありますが、スポーツやレジャーなどで長時間屋外にいるときは、しっかりと日焼け防止してくれるものがいいですよね。

ぼむ
ぼむ

でもSPF値の高い日焼け止めって、肌がベタつくものがけっこう多いんだよね…

そこでiHerb(アイハーブ)で買えるスポーツ・レジャー向け日焼け止めをいろいろと試してみた私が、さらっとベタつかず快適に使えるSPF45以上のおすすめ日焼け止め4選をご紹介します。

この記事を読めば、快適な使い心地で卓越した効果の日焼け止めがわかるので、スポーツやレジャーを安心して楽しむことができるようになりますよ。

本記事では「【iHerb】スポーツ&レジャーにおすすめ日焼け止め4選【アイハーブ】」について書いていきます。

スポーツ&レジャーにはSPF値は高いほうがいいの?

Neutrogena|ハイドロブースト・ウォータージェルローションSPF50

「SPF値が高いと日焼け防止力も高まる」というのは事実ですが、その前に日焼け止めの数値が表す意味を確認してみましょう。

ぼむ
ぼむ

どちらも防止力が高まるなら、SPF値もPA値も高いほうがいいよね?

屋外でのスポーツやレジャーの場合、必然的に紫外線を浴びる時間が長くなるので、SPF値やPA値が高いほうがいいと言われています。

ただし、その内容によっては日焼け止めの種類を使い分けたほうが、肌への余計な負担を避けることができます

  • 屋外での軽いスポーツやレジャーなど、こまめに日陰などで涼むことができる場合:SPF30以上、PA+++
  • スポーツの大会やマリンスポーツなど、太陽に当たることが長時間避けられない場合:SPF50以上、PA++++

SPF値やPA値が高い日焼け止めは、汗をかいても落ちにくい「ウォータープルーフタイプ」や、肌に密着しやすい「クリームタイプ」が多い印象です。

こういった日焼け止めの中でも特に、肌がベタつかずさらっと快適に使える日焼け止めであれば、スポーツやレジャーに集中して存分に楽しめる気がしますよね。

ぼむ
ぼむ

小さな子供の公園遊びに付き合うときも、炎天下で子供を追いかけ回す必要があるので、SPF値やPA値が高いほうがいいかもしれませんね(笑)

iHerb(アイハーブ)のスポーツ&レジャーにおすすめ日焼け止め4選

iHerbアイハーブのスポーツ・レジャー向け日焼け止め

それでは、iHerb(アイハーブ)のおすすめスポーツ&レジャー向け日焼け止め4種類を順番にご紹介します。

ザッと全種類を簡単に比較したい場合は、以下の比較表をご参照ください。

※横にスワイプするとおすすめポイントが見られます。

※商品の価格はすべて2022年10月現在のものです。

商品写真価格

容量
SPF値おすすめポイント
商品に飛ぶ 1,558円

88ml
SPF55透明感とサラサラ感がすごい!まるで素肌な快適さ
商品に飛ぶ1,815円

88ml
SPF50うるおいのあるウォータージェルで水分を含んだツヤ肌に!透明感が抜群
商品に飛ぶ1,940円

177ml
SPF50甘いココナッツのいい香り!微粒ラメ入りで光り輝く肌に
商品に飛ぶ1,502円

113g
SPF45目に染みにくく環境にもやさしい日焼け止め。しっとり感があり上品な甘さの香りが◎

Neutrogena|ウルトラシアー・ドライタッチサンスクリーンSPF55

Neutrogena|ウルトラシアー・ドライタッチサンスクリーンSPF55
Neutrogena|ウルトラシアー・ドライタッチサンスクリーンSPF55
Neutrogena|ウルトラシアー・ドライタッチサンスクリーンSPF55

【価格 1,558円|容量 88ml】

Neutrogena(ニュートロジーナ)の「ウルトラシアー・ドライタッチサンスクリーン」には、幅広いSPF値の商品があり、iHerb(アイハーブ)で買えるのは「SPF45」「SPF55」「SPF100」の3種類があります。

これはSPF55の商品ですが、炎天下でのスポーツやレジャーに使うのにぴったりです。

名前の通り、ウルトラシアー=とても透き通った、ドライタッチ=さらっと乾いた使用感の日焼け止めで、すごく薄付きなのにピタッと肌にフィットするような感じがします。

塗ったあとはパウダーをはたいたかのようにマットで、さらさらとしたベタつきのない肌に仕上がります。

やや日焼け止め特有の独特な香りがしますが、肌の状態はまるで日焼け止めを塗ってないような感覚なので、とても快適に過ごすことができますよ。

Neutrogena|ハイドロブースト・ウォータージェルローションSPF50

Neutrogena|ハイドロブースト・ウォータージェルローションSPF50
Neutrogena|ハイドロブースト・ウォータージェルローションSPF50
Neutrogena|ハイドロブースト・ウォータージェルローションSPF50

【価格 1,815円|容量 88ml】

Neutrogena(ニュートロジーナ)の「ハイドロブースト・ウォータージェルローション」には、デイリー使いできる「SPF30」と、スポーツ&レジャーでも安心の「SPF50」の2種類があります。

こちらも名前の通り、ハイドロ・ウォータージェル=水分のジェル状になっている日焼け止めで、非常に伸びがよく、肌にうるおいも与えてくれる商品です。

まるで美容液のような感じで、肌に塗ったあとはツヤツヤと輝く仕上がりになりますし、日焼け止め特有の香りはほとんどありません。

ウォータージェルタイプの日焼け止めはとても使い心地が良いのですが、なんとなくクリームタイプよりも耐水性に不安があるので、プールや海などで使う時はこまめに塗り直すか、クリームタイプを使ったほうがいいかもしれませんね。

ぼむ
ぼむ

我が家ではNeutrogenaのウルトラシアーとハイドロブースト、何本もリピートしています!

Hawaiian Tropic|アンチオキシダント+サンスクリーンローションSPF50

Hawaiian Tropic|アンチオキシダント+サンスクリーンローションSPF50
Hawaiian Tropic|アンチオキシダント+サンスクリーンローションSPF50
Hawaiian Tropic|アンチオキシダント+サンスクリーンローションSPF50

【価格 1,940円|容量 177ml】

Hawaiian Tropic(ハワイアン・トロピック)の「アンチオキシダント+サンスクリーンローション」は、緑茶成分配合のSPF50の日焼け止めです。

ハワイアン・トロピックの日焼け止めは、甘いココナッツの香りが特徴的です。

ややウォータージェルに近い水分をたっぷり含んだクリームで、肌にスーッとよく伸びて、とても薄付きでクリアな仕上がりです。

微粒ラメが入っているようなキラキラとツヤ感のある肌になるので、光に当たると輝いてきれいな肌に見えます。

こちらも軽いつけ心地ゆえ、耐水性にやや不安がありますが、重ね塗りしても不快感はありません。

ハワイアン・トロピックのSPF30デイリー用日焼け止めもあるので、下の「肌を優しく守るデイリー用おすすめ日焼け止め3選」の記事を参考にしてみてください。

Jason Natural|ファミリーナチュラルサンスクリーンSPF45

Jason Natural|ファミリーナチュラルサンスクリーンSPF45
Jason Natural|ファミリーナチュラルサンスクリーンSPF45
Jason Natural|ファミリーナチュラルサンスクリーンSPF45

【価格 1,502円|容量 113g】

Jason Natural(ジェイソン・ナチュラル)の「ファミリーナチュラルサンスクリーン」は、SPF45のマイルドな使い心地の日焼け止めです。

目に染みにくい処方になっており、サンゴ礁に害を与えない生分解性原料を使用しています。

水分を含んだ保湿クリームのようなやわらかいテクスチャーで、しっかり塗り込むと透明感とみずみずしいうるおいのある肌に仕上がります。

さらさらというよりはしっとり感のある肌触りで、日焼けとともに乾燥からも防いでくれる感じがします。

香りも上品な甘さのある香りで、「日焼け止め塗ってます!」という感じがしないのも嬉しいですね。

肌に日焼け止めの白っぽさが残りやすい商品ですが、しっかりと塗り込めば透明になるのであまり心配はいらないと思います。

iHerb(アイハーブ)のスポーツ&レジャー向け日焼け止めのFAQ

ぼむ
ぼむ

ここからはアイハーブで買える、SPF45以上のスポーツ&レジャー向け日焼け止めのFAQをまとめてみました。

日本の日焼け止めにはある「PA値」の表記がないけど?

日本の日焼け止めには記載がある「PA値」ですが、これは日本で使われている基準のようなので、iHerb(アイハーブ)で買える日焼け止めには表記がないものが多いです。

では、どうやってPA値の確認をするのかというと、以下の写真をご覧ください。

Neutrogena|ウルトラシアー・ドライタッチサンスクリーンSPF55

小さな文字で「UVA+UVB」と書いてあるのが分かりますか?

この表記があれば、一応「この商品はUV-A防止効果もある」ということがわかるので、気になる人は商品の表記をよくチェックしてみてくださいね。

小さな子供でも使える?

ほとんどの日焼け止めが生後6ヶ月以上であれば使えるものが多いですが、小さな子供は肌が敏感だったり、はじめて使用する日焼け止めが肌に合わなかったという可能性もあります。

なので、はじめてその日焼け止めを使用する場合は、あらかじめ腕の内側などの目立たない部分に少量だけ使用し、肌が荒れたりしないかパッチテストを行うようにしましょう。

SPF値が高いものを顔に使っても平気?

特に「ボディ専用」などの表記がない場合は、SPF値が高いものでも顔に使用して大丈夫です。

ただし、目に入ってしまうとかなり染みることがあるので、目の周りは避けるようにしましょう。

SPF値が高いものを顔に使うのが心配な人は、「フェイス用」として販売されている日焼け止めがあるので、顔と体とで使い分けるといいでしょう。

ぼむ
ぼむ

日焼け止めが目に入ってしまったら、すぐに水でよく洗い流すようにしてくださいね!

iHerb(アイハーブ)のスポーツ&レジャーにおすすめ日焼け止めまとめ

本記事では「【iHerb】スポーツ&レジャーにおすすめ日焼け止め4選【アイハーブ】」について書いていきました。

日焼けを気にせずに屋外でのスポーツやレジャーを存分に楽しみたい!というときは、やっぱりSPF値の高い日焼け止めを使ったほうが、日焼けの防止力が高まるのでおすすめ。

iHerb(アイハーブ)で買えるSPF45以上の日焼け止めは、さらっとしていて肌がベタつかず、一日中快適に過ごせる優秀なものがたくさんありますよ。

ぼむ
ぼむ

ぜひお気に入りの日焼け止めを見つけてみてくださいね♪

それでは、ぼむ(@iherb_bom88)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。